心理学 資格

心理学の資格を取得するとどんな所で働けるの?

一生懸命に時間を取っては勉強し資格を取得したにも関わらず、仕事として活躍できる場がなければせっかく資格を取得した意味がありません。

 

国家資格ではない心理学の資格ですが、もしもその心理学の資格を取得したとすれば、一体どの様な所で働けるのでしょうか。

 

資格と分野によって違う働く場所

まず心理学を大学で学んだ方なら、臨床心理士として広い分野で仕事をする事ができます。医療の分野から教育の分野、他にも企業や福祉施設などにおいて心理カウンセラーや相談員として働ける場所であるなら、一通りの場所で働けるでしょう。

 

また、大学で心理学を教えたりカルチャーセンターの講師という選択肢もあります。

 

教育機関では、スクールカウンセラーとして学校で、また産業カウンセラーの資格を取得すると、企業内のカウンセリングルームでその企業の従業員のメンタルケアをサポートするカウンセラーとして働く事ができます。

 

医療や保険の分野ではクリニックや児童相談所において、また司法・行政の分野においては少年鑑別所や刑務所、少年院などの心理カウンセラーとしての職があります。

 

心理学の資格を取得して独立開業

心理カウンセラーとして企業内や教育機関、また福祉施設内で働くのも良いですが、ある程度経験を積んだカウンセラーであるならば独立開業する方法もあります。

 

しかし欧米の様に、少し気分が落ち着かないだけでカウンセリングを受けに行くという習慣がない日本では、心理カウンセラーとして独立するのに多くの困難が伴う可能性があります。

 

しかしながら、カウンセリングが必要な人は益々増える傾向にある様です。決してニーズがない訳ではないので、開業した後に自分を売り込む努力をたゆまず行ったり、外注の心理カウンセラーとして企業などと提携するなどして、一定のクライアントを確保するなどの努力を行うなら、プロの心理カウンセラーとして独立開業する事も視野に入れる事ができるでしょう。