心理学 資格 種類

心理学の資格の種類にはどんなものがあるの?

心理学を学んでみたい、心理学って何だか面白そうと心理学に興味を持たれる方は多いと思いますが、学んだ事を生活に活かしてみたい、または実際に人の役に立つ事の為に用いたいと考えるのはごく普通の事です。

 

仕事に活かすのであれば、資格取得が必要になる場合もありますが、心理学の資格にはどの様な種類のものがあるのでしょうか。

 

心理学の資格なら心理カウンセラー

心理学を学んで、学んだ事をそのまま活かせる仕事に就きたいと思った方であれば、「カウンセラー」という職業を思い浮かべられたかも知れません。心理カウンセラーとは端的に言うと、問題や悩みを抱える依頼者の相談者であると言えるでしょう。

 

アメリカは、カウンセリング先進国と言えるでしょう。職場に専門のカウンセラーを配置している会社は多いですし、複雑な社会を生き抜くために心をサポートしてより良い暮らしをする手助けをするカウンセラーの需要は極めて高いものです。

 

心理職とは?

心理学を活かした職業の事を心理職と言いますが、医療・教育・司法・福祉と公衆衛生・産業・研究の分野に分けられます。どの分野を目指すかで取得する心理学の資格は異なりますが、例えば医療の分野であるなら、臨床心理士の資格や精神保健福祉士の資格、また認定カウンセラーなどの資格があります。

 

活躍の場は主に心療内科や精神科、小児科など医療機関であるため、カウンセリングの知識だけでなく医療の分野での知識も必須となるでしょう。

 

また、教育分野の心理職での資格の中には、臨床心理士の他、教育カウンセラーや学校心理士、家庭相談士などの資格があります。教育分野で活躍したいのであれば、学校や自治体がサポートしている公立の場所での、児童や保護者に対するカウンセリングを行う仕事となります。

 

産業分野においては、産業カウンセラーの資格や応用心理士、またキャリアカウンセラーの資格などが挙げられるでしょう。主に企業の医務室において、心の健康のサポートにあたる仕事となります。