学校心理士

学校心理士とは?

仕事場は教育現場

「学校心理士」とは、一般社団法人 学校心理士認定運営機構(日本教育心理学会・日本特殊教育学会・日本発達障害学会・日本発達心理学会・日本LD学会の5構成学会と、日本学校心理学会、日本応用教育心理学会、日本生徒指導学会、日本学校カウンセリング学会の4連携学会)が認定する資格です。

 

名称通り、小中校、および特別支援学校といった教育現場や教育相談所、教育委員会などが勤務先となっています。

 

年々、増加の一途をたどる不登校児やLD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)など、問題を抱える学校や子どもたちのために、学校心理学の専門的知識と技能をもって、アセスメント(評価)・コンサルテーション(相談)・カウンセリング(助言)業務を行っています。

 

認定試験の要件は?

資格は認定試験への合格によって取得する形ですが、受験要件は次の通りです。

 

1.大学院で学校心理学関係の科目の単位を修得し、修士課程・専門職学位課程を修了し、 学校心理学に関する専門的実務経験を1年以上有すること※実務経験1年未満では「学校心理士補」として申請)

 

2.4年制大学を卒業し、学校心理学に関する5年以上の実務経験がある

 

3.大学/大学院で学校心理学関係の授業を2年以上担当し、研究業績を5編以上、発表した

 

4.学校の管理職/教育行政職として、3年以上の心理教育的援助サービスに関わる指導的役割を有する(申請時に、職を辞して5年を経過した人を除く)

 

認定試験の詳細

認定試験は、毎年8月に行われ、要件によって、試験の内容(論述式、マークシート方式、面接など)は異なります。

 

合否は、試験の結果や研究業績によって審査され、合格して資格を取得すると、日本学校心理学会への入会が義務づけられています。

 

資格取得後は、5年に1回、更新手続きが必要です。

 

大学院で学校心理関係の科目を修了したが、実務経験が1年未満の場合、まず、「学校心理士補」に申請し、その後条件を満たすことによって、「学校心理士」(補→士)への資格申請が可能となります。