メンタルケアカウンセラー 資格

メンタルケアカウンセラーの資格とは?

心理学を学ぶと、仕事や日常生活のあらゆる面において学んだ知識を応用する事ができますが、資格を取得する事によって、心理学の知識を自分だけではなく他の人々をも助ける事に役立てる事ができるでしょう。

 

そんな心理学の資格の中でも比較的知名度が高いメンタルケアカウンセラーの資格とは、一体どの様なものなのでしょうか。

 

二つの機関から認定されている

ストレス社会と言われる現代において、心の問題を抱える方が増加傾向にある様です。職場で、あるいは家庭や育児において、または学校などでおきたちょっとした事がきっかけでやがて心と体の不調を訴えるようになる人々は後を絶えません。

 

その様な人々の助けになる事ができる職業が、心理カウンセラーの仕事ですが、その中でもメンタルケアカウンセラーは、メンタルケア学術協会と一般財団法人生涯学習開発財団という二つの民間機関が認定する資格となっています。

 

資格取得方法

メンタルケアカウンセラーの資格を取得する方法としては、日本学術会議協力学術研究団体のメンタルケア学術協会が主催する試験に合格する必要があります。

 

受験資格者は、協会指定の教育機関でメンタルケアカウンセラーの講座を修了した人、認定心理士の資格保有者、産業カウンセラー初級の資格保有者、4年制大学の心理学部在籍者または卒業者になります。

 

試験内容としては、精神解剖生理学と精神医科学、そしてカウンセリングの基本技法及び、文章作成の記述問題となっています。

 

年に数回あるこちらのメンタルカウンセラーの試験は在宅での受験となりますが、通信講座のカリキュラムでしっかり試験対策がされている講座もあります。

 

忙しくても自分のペースでじっくり学びたい方にとって、そして心理カウンセラーとしての第一歩を踏み出したい方にとって、協会認定の通信講座で学ぶのは資格取得の早道となるかも知れません。