メンタルヘルス・マネジメント検定試験(R)U種

メンタルヘルス・マネジメント検定試験(R)U種とは?

仕事や職場の労働環境、もしくは人間関係において精神をすり減らしてしまう人が増えています。その様な状態は仕事自体が行えなくなるだけでなく、家庭においてもその弊害が起こり、離婚する原因の一因となってしまう場合もあり得る様です。

 

その様な人々をサポートする為に設立された、メンタルヘルス・マネジメント検定試験(R)ですが、そのU種とはどの様な資格なのでしょうか。

 

メンタルヘルス・マネジメント検定試験(R)

主に職場において心の問題を抱えてしまう人々をサポートしたり、そう言った心の不調を未然に防ぐ目的で実施される様になったメンタルヘルス・マネジメント検定試験(R)ですが、こちらは大阪商工会議所が2006年から実施している検定です。

 

心理療法を行う心理カウンセラーを目指す事を目標にした資格と言うよりもむしろ、精神疾患の発病を未然に防ぐ為にどう対処すれば良いか、知識を深める為に企業などで働く人々が取得する用の資格と言えます。

 

特にこのメンタルヘルス・マネジメント検定試験(R)U種は、ラインケアコースとなっており、管理職の身分にある方が、部下たちが心の不調に陥らないよう対処したり、また早急に察知したりしてメンタルヘルスを健康に保つようにサポートできる様になる為の知識を身に付ける資格となっています。

 

取得方法は?

こちらの資格を取得する為に行われる試験の受験条件は、特に何もありません。年齢・他の心理学に関しての資格保有・学歴に関係なく受験できる様になっています。年に2回行われる試験は、全国各地の主要都市で開催されます。

 

もしも確実に一回の受験で試験にパスしたいと思っている方なら、ユーキャンなどの通信講座において、メンタルヘルス・マネジメント検定試験(R)U種の資格取得専用講座を利用する事ができるでしょう。

 

ラインケアコースであるU種の資格であれば、4ヶ月の講座で職場で必ず役立つメンタルヘルス対策の知識と技術の習得を目指す事ができます。