心理判定員

心理判定員とは?

任用資格になります

「心理判定員」は心理カウンセラーの1つですが、一定の条件を満たしたうえで、その仕事に就いた時に初めて認められる「任用資格」となっています。

 

問題行動を起こす子どもやその保護者、自立を目指す身体障害者や知的障害者の相談に乗り、医学的・心理学的な判定を行い、相談に訪れた人々がよりよい人生を歩むことができるよう、アドバイスを行います。

 

職場は、児童相談所をはじめ、身体障害者更生相談所・知的障害者更生相談所・発達障害相談支援センター・女性(婦人)保護施設などとなっています。

 

仕事の例をご紹介しましょう。

 

埼玉県「リバビリテーションセンター」内にある知的障害者更生相談所では、療育手帳の交付を希望する18歳以上の人に対する心理判定業務を行っています。

 

知能テストを実施し、家族に生育歴や教育歴を確認し、社会調査や就職の状況、医学的診断などの結果を元に、福祉司とともに、障害の程度や療育手帳への該当の可否を決めます。

 

愛知県「心と体の健康センター」では、引きこもり相談員の業務があり、当事者と家族の相談とサポートを行っています。

 

沖縄県の女性(婦人)保護施設では、DB(家庭内暴力)などから避難してきた女性たちの生活指導・カウンセリングを担当しています。

 

宮城県の要請を受けた私設の放課後等デイサービス事業所では、支援員として、障害を持つ中高校生の放課後や夏休み中の活動をサポートしています。

 

プロになるには?

心理判定員の勤務先は、ほとんどが公的施設となっています。

 

仕事に就くためには、大学で心理学を修め、卒業後、公務員採用試験に心理区分で合格後、各施設に配属される形となり、その時点で、心理判定員(児童心理司)と名乗ることができます。

 

求人の際は、臨床心理士・保育士・教員免許・社会福祉士といった有資格者が優遇されることが多くなっていますが、社会的な需要の増加と反比例して、現在、心理判定員の勤務形態は、パート勤務が常勤を上回る状況が続いています。