臨床心理士

「臨床心理士」とは?

心の問題を解決に導く手助けをする

「臨床心理士」とは、臨床心理学上の知識と技術を用いて、心の問題を抱える人(クライエント)を問題解決に導くための手助けをする専門家のことを指します。

 

臨床心理学上の知識と技術は、「専門行為」と呼ばれる次の4つの事柄に集約されます。

 

1,心理査定や面接査定など、心理テストに精通し、問題を抱える人々に対し、対象となるクライエントごとに、どのようなカウンセリングの方法がふさわしいかを考えつつ、解決に導く努力をする。

 

2.クライエントとの関わりの中で信頼関係を築き、「精神分析」「遊戯療法」「行動療法」といった多種多様な臨床心理学的な技法を駆使して、その都度、的確な対応が可能なこと。一方、他の専門家との意見や情報交換から、よりよい方途を探る。

 

3.地域の中で、地域に暮らす人々の心の健康について、個々のプライバシーを守りながら、専門家としての説得力あるアドバイスができ、地域コーディネーターとの連携を可能とする能力を保持していること。

 

4.査定技法や援助技法(カウンセリング)などについて常に研鑽に努め、第三者に対して発表できるレベルを保持すること。

 

これらに加えて、仕事の基本となる「臨床心理士倫理要領」の遵守が求められています。

 

資格取得後は、5年ごとの資格更新が義務づけられています。

 

臨床心理士になるには?

資格の認定は、公益社団法人 日本臨床心理士資格認定協会が、年に1度開催する試験への合格が必要です。

 

受験の条件は次の通りです。

 

・指定大学院(1種・2種があります)で所定のカリキュラムを修了
・専門職大学院大学で臨床心理士養成にカリキュラムを修了
・日本以外の国で指定大学院と同等以上の教育を受け、その後、国内で2年以上の心理臨床経験がある
・医師免許を取得後、2年以上、心理臨床経験がある

 

資格認定試験は一次試験(筆記)と二次試験(面接)からなり、年に1回、実施されています。平成28年度では、一次は10月、二次は11月に行われます。